私の知ってる古銭についてお話します

古銭とは、昔は使用されていたのだが、現在では使われなくなってしまった貨幣のことを指します。古銭は、実際に物を買うことに対する価値はありませんが、これら自身に価値があり、買取を行う業者は多く存在します。時には高額で買い取ってもらえることもあるのです。古銭の中には、記念硬貨と言われる何かの記念に作られた硬貨も含まれています。 日本で初めて鋳造された貨幣は、和同開珎であるという説と富本銭であるという説があり、未だにはっきりしておらず、議論が進められています。平安時代には皇朝十二銭と呼ばれる金貨1種類と銀貨2種類、銅貨2種類が作られました。しかし、その後中国との貿易が進むにつれ、渡来銭が使われるようになったため、日本の貨幣は姿を消してしまいました。再び日本の貨幣が登場し始めたのは、江戸時代に入ってからのことで、少額のものから高額のものまで種類は様々でした。明治時代に入ると、本格的に貨幣が使われる時代となっていきました。